手法と考え方について

空間の話【FXでの大事な判断基準】

2019年10月26日

空間がそこにあるかどうか

トレードするうえでルールや根拠が成立した時でも見送ることが当然あります。

例えば私の場合は欧州時間以降しか行わないルールとしているのでいくら根拠となる場面が発生しても欧州時間以前には行いません。

またルールと根拠が揃っている場面でも期待できる利益が望めない場合やリスクが大きい場合はやらないもしくはロットを調整したりします。

根拠・反証・想定の3つを把握して「エントリーする動機」・「プランを撤回する動機(損切り)」・「どこまでを利確にするか?」これらのどれがかけていても望む結果は得にくく

これらが揃っていても想定外の動きでプランが崩れることは当然にあります。

ただエントリー後に崩れるものとエントリー前からやや不安なものでは大きく意味がことなるということは理解できるかと思います。

今回は想定のなかに含まれる利確目標までの邪魔なラインがあるかどうかという空間の話を書きたいと思います。

 

空間

 

下にある日のユーロ円(EURJPY)のチャートを貼りました。

緑枠青ラインの押し安値を抜けて一旦上へ振り上げて再度落ちていく場面です。

緑枠を抜けたことでこの時間軸ではアップトレンド崩壊=トレンドレスとなり、オレンジ枠緑ラインを抜けることでダウントレンド発生の場面です。

もしこの場面でエントリーをすることを考えたらトレンドレスになったという根拠と振り上げたものの包み足を作って上げ止められたことからのピンク★

オレンジ枠の安値を抜けたことでダウントレンド発生を根拠に追加して青★からの2通りを考えます。

結果的に下げてはいるもののチャートの右側は誰にも分らない状態です。

ピンク★からは直近安値のオレンジ枠茶MAが邪魔なラインとなります。

仮にそのあたりでぐずぐずされるとエントリー位置からは大して落ちていないのでヤキモキすることになりかねません。

青★からは既に邪魔なものを抜けた状態なので下に空間ができているのは画像からも理解できると思います。

いくら待ち焦がれたエントリーだからや本来青★から入るけどせっかく吹き上げてくれたからなるべく高くから売ろうというよりは

結果がすべて出そろってからの方が安全だということとストンと落ちる・上げる空間がある状態の方が好ましいという話でした。

 

まとめ

FXはあくまで上げたい人下げたい人の綱引きで(強弱で)できています。

実際の綱引きに置き換えると少し右が優勢だなぐらいでは最後までどうなるかはわかりません。

圧倒的に引いてしまい始まったばかりだけどどうにもならないなって状態ならまあ確率的にはそのような結果になると思います。

それと同じで勝負がつきそうかなぐらいではそれを餌に売り(ショートポジション)を誘ってそれを巻き込んで上昇するなんて場面はよくあることです。

これは勝負あったなという状態というのが邪魔なラインなどを超えてしまったという状態ですのでそこから更に勝負は付いているけど落ちる余地がないでは

よし売るぞ!なんて心理が働かなので結果的には勝負が付いたではなく勝負を放棄しているだけということになってしまいますので。

負えるリスクに対して取れる利益が魅力的な場面かどうかということもしっかり把握できると良いです。

少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

 

 

 

-手法と考え方について

Copyright© コバイチ@FX , 2020 All Rights Reserved.