手法と考え方について

【FX】包み足(アウトサイドバー)をマルチタイムフレーム(MTF)で分析する【トレードプラン】

2019年10月24日

包み足(アウトサイドバー)の応用

前回の記事で『包み足(アウトサイドバー)』を初心者でもわかる程度の範囲で簡単に解説させていただきました。

 

合わせて読みたい
簡単に理解できる包み足の解説

目次1 包み足とは?1.1 画像で解説2 まとめ 包み足とは? 包み足とは、前の足を包むようにかぶさる形の2本のローソク足の組み合わせです。 短期時間軸での包み足は長期で見た時には折り返されたことによ ...

続きを見る

 

包み足の応用マルチタイムフレーム分析

今回は『包み足の応用』長期足→短期足を分析してどう判断できるかを解説したいと思います。

ある日のポンドドル(GBPUSD)のチャートの画像です。

青水平線オレンジ枠の下げ止まりの足の最高値となります。

次の足で包み返されここで包み足の完成です。

この時点でひとまず下げの勢いがなくなったと言ってもいいでしょう。

このH1足だけで見ると次の包んだ最高値の赤水平線は超えられずこの時点で長期足でオレンジ枠ピンク枠の間ではらんでいることは理解できるかと思います。

〈画像はH1足〉

 

次のこの場面のH4足のチャートを見ていきます。

上の画像で解説したオレンジ枠ピンク枠で下げが止まりこの時点では下ヒゲの陰線でまだこの時間軸では手出しできる状態ではありません。

緑枠の陰線に対し次の足がはらみ足となりました。

緑枠を上に抜けた時点でH4足での包み足の完成となります。

ラインを抜けたことを確認したうえでライン付近からエントリーしたらあまり損失を抱えることなく上へ向かっているのは画像からも理解いただけると思います。

〈画像はH4足〉

 

上記の流れからH1足の包み足で下げの勢いが止まり、その後H4足で包み足を作り上昇へ転換していく場面でしたが

これをM15足(15分足)で見ていきます。

グレー枠がH4足の包み足の範囲でそれを抜けて上昇していくところからエントリーするとなるとどこから入れるかを考えてみて欲しい。

 

考えられる参考プラン

グレー枠抜け後

青MAタッチでエントリー S/L(損切り)青MAを終値で抜けたら

青MAタッチ後M15足で包み足を作ってエントリー S/L(損切り)青MAを終値で抜けたら

グレー枠で付けたピンク水平線を終値で抜けて、いわゆるWボトムの形からエントリー S/L(損切り)青MAを終値で抜けたら

など既にエントリールールを持ってみえる方ならこの包み足での判断を踏まえて自身のエントリーで取引するなど

方向性の一致を包み足とマルチタイムフレーム分析を使って判断することができると言えます。

〈画像はM15足〉

 

まとめ

包み足でのロウソク足の判断に加えて、マルチタイムフレーム分析(MTF)分析を取り入れることによってより負けにくいトレードをすることができます。

下げ止まる根拠・上げ止まる根拠を包み足で判断したうえで反転する根拠とエントリーするに値する場面だと判断する根拠を重ねることで

どうなったらプランが崩れ損切りをしなくてはならないのかということもはっきり見えてくると思います。

H4足の包み足でエントリーするにも関わらず再度H4足の包み足で包み返されたのならばどの位置かによって違うこともありますが

エントリーするぐらいの根拠と同じことが反対側で起こったということも認識できるはずですので。

 

-手法と考え方について

Copyright© コバイチ@FX , 2020 All Rights Reserved.