振り返り

【FX】2019年11月1日相場の振り返り【GBPJPY(ポンド円)を簡単分析】

2019年11月5日

2019年11月1日相場の振り返りGBPJPY(ポンド円)

2019年11月1日のGBPJPY(ポンド円)チャートを用いて振り返ってみたいと思います。

Twitterでリアルタイム分析して投稿しておりましたのでよかったらご覧ください。

 

H1足

青枠で下がってきたものを包み返す展開となりいわゆるWボトムの形になりましたが緑枠で包み足が完成してしまい短期的には上昇を否定されたという場面になります。

緑枠の高値を超えていくようなら黒枠破線の高値までは一旦届いても良いかなとも考えられますがここでは緑枠を完成してしまったことで一旦は下げると見ることができます。

 

H4足

緑枠の包み足が完成で下げたものがオレンジ枠の上昇起点を下抜けたことによって包み足と同じで上げ起点を包み返される=上げるを否定すると考えられます。

下げてきたところでピンク枠の包み足完成で下げ止まり、青枠が完成するかどうかが直近のポイントになります。

この時点では完成はしておりませんのであくまで完成する挙動を取るやその条件に値する場面が発生するかどうかを見極める必要があります。

 

M15足

茶MAで上げ止まり青ラインでH1足の包み足が完成しました。

青MAが邪魔なラインとなることとH4足ピンク枠の包まれた足の安値~実体までの価格が次のサポートライン(赤ライン)となりうるのでそのあたりまでを想定します。

 

考えられるプラン

ピンク★からH1足包み足完成とH4足青枠包み足完成見込みで売り(ショート)エントリー 損切りはM15足上段赤ラインを抜けた場合

青★からH1足包み足完成とH4足青枠包み足完成見込みで売り(ショート)エントリー 損切りはM15足上段赤ラインを抜けた場合

が考えられます。

※結果的には雇用統計を意識した動きで上げも下げもせず横ばい状態となってしまいましたがそのような時には期待をせず一旦撤退して次のチャンスを狙う準備を整えるのが良いかと思います。

利益確定(利確)に関してはそれぞれのご自身の手法・プランと照らし合わせて考えてみてください。

少しでも皆様のお役に立つことができましたら幸いです。

 

スマホスクリーンショット

スマホの方が見やすい方がみえましたらこちらの画像でもご確認いただけます。

H1足

 

H4足

 

 

-振り返り

Copyright© コバイチ@FX , 2020 All Rights Reserved.