振り返り

【FX】2019年10月30日相場の振り返り【GBPJPY(ポンド円)を簡単分析】

2019年10月31日

2019年10月30日相場の振り返りGBPJPY(ポンド円)

2019年10月30日のGBPJPY(ポンド円)チャートを用いて振り返ってみたいと思います。

Twitterでリアルタイム分析して投稿しておりましたのでよかったらご覧ください。

 

H1足

下の画像の青枠オレンジ枠で包み足を作っておりましたがここではまだ東京時間内でしたので前日深夜から東京時間の間の高値の緑枠緑ラインに注目しておりました。

 

H4足

オレンジ枠の包み足を作ったことが根拠として考えられますが緑枠赤ライン上下の間をまだ一度も抜けていませんのでここまで付近が想定できる空間だと考えます。

 

M15足

緑ラインを抜けて確定したところからH4足で確認した赤ラインゾーン付近までを想定することができます。

MAの向きやMAが絡み合って揉み合ったところから抜けた雰囲気も理解できるかと思います。

 

リアルタイム分析の際のスマホのスクショ画像です。

 

考えられるプラン

青★からH4足の包み足と東京時間以前に一旦付けた高値のラインを抜けたということを根拠にエントリー 損切りはMA下抜けした場合

ピンク★から一旦上げたものの赤ラインゾーンから下げられてしまったが再度M15足で包み足を作ったものを根拠に追加してエントリー 損切りはピンク★オレンジ枠安値を下抜け(茶MA下抜け)

が考えられます。

利益確定(利確)に関してはそれぞれのご自身の手法・プランと照らし合わせて考えてみてください。

少しでも皆様のお役に立つことができましたら幸いです。

 

 

-振り返り

Copyright© コバイチ@FX , 2020 All Rights Reserved.