振り返り

【FX】2019年10月25日相場の振り返り【EURJPY(ユーロ円)を簡単分析】

2019年10月27日

2019年10月25日相場の振り返りEURJPY(ユーロ円)

2019年10月25日のEURJPY(ユーロ円)チャートを用いて振り返ってみたいと思います。

※振り返りで選択する通貨ペアは特におすすめとかやり易かったとかではなくパッと見で選んだものを根拠を確認しながら認識しております。

H1足

茶MAを抵抗とする位置でオレンジ枠の包み足を作りました。

この時点で考えられる想定は青枠ラインの安値までというのが認識できます。

また青ライン以降に下げるかどうかというのは全く別の次元の話となってきますのでそれは長期で分析してみてください。

 

H4足

緑枠で包み足を作り一旦あげましたがピンク枠の包み足で包み返されていく場面です。

この下降の起点は緑枠前の上ヒゲの長いところを含めた包み足から下げてきた背景がありますので

そこから下げて一旦戻しを付けて戻り売りを狙う場面という視点で見るとピンク枠周辺からの売り(ショート)はやり易い場面だったと考えられます。

 

ただしピンク枠が完成後だと緑ラインのオレンジ枠安値や青枠安値までの空間があまりないのでH4足でのエントリーを考えると緑ラインを抜けてからが良いと思います。

 

M15足

下位足で見ていくと緑枠のはらんだゾーンから緑枠を下抜けしていくところがH1足の包み足の場面となります。

M15足で見た時に青MAが邪魔になってくるのと青ジグザグで引いた上昇の押し目を付けた緑ラインもしくは上昇の起点となった青ラインを超えると勝負がついたと判断しても良いかと思います。

 

考えられるプラン

青★青MAと上昇時に付けた押し目に引いた緑ラインを抜けたところからエントリー 損切は青MAを上抜けした場合

ピンク★周辺の上昇起点となった青ラインを抜けたところからエントリー 損切は青MAを上抜けした場合

が考えられます。

利益確定(利確)に関してはそれぞれのご自身の手法・プランと照らし合わせて考えてみてください。

私の考える利確目標をここで示してしまうと本来大きく取れる方のトレードに良くない影響を与えてしまったりチャンスを潰してしまうこととなりますので。

少しでも皆様のお役に立つことができましたら幸いです。

 

 

-振り返り

Copyright© コバイチ@FX , 2020 All Rights Reserved.